【ワーママリアルボイス】京都市西大路 ロミロミとエステサロン経営のワーママ1日スケジュール!

The following two tabs change content below.
AKATSUKI
7歳♂4歳♂1歳♀の3人の子供を持つワーママ。workingmoms.me編集長。 システムエンジニアとして就職するもマタハラを受けて退職。 以来派遣社員として働くが、妊娠するたびに退職。 母として、女性として社会で働く難しさを痛感。自分は社会に必要のない人間なのでは?と葛藤し、2017年7月1日に同じ思いを持つワーママとworkingmom.meを立ち上げる。 ワーママプロジェクトとしてライター養成や独立支援プログラムを発足。新たなプロジェクト立ち上げに日々奮闘中。


バトン形式でご紹介いただいたワーママの一日のスケジュールを発信する【ワーママリアルボイス】第11回!

第11回は京都市在住 西大路でハワイアンロミロミとエステサロンを経営の大林リエさん。

第10回の美智子さんよりご紹介いただきました。
とにかく美しい。それが私、編集長Akatsukiの第一印象。

外見の美しさだけでなく、内面の美しさが滲み出ていることが、リエさんにお会いしてすぐにわかります。
こんな2児の母がいるなんて。しかもお子様は年子で男の子2人!

私も自身のブログで男の子2人育児について書きましたが、男の子ってまあ大変。

事実、私は毎日クラクラしています。笑

いつも笑顔を絶やさず、キラキラオーラ全開のリエさん。

自分も見習わないとな・・・としか思えません。

素晴らしいワーママ、リエさんのインタビューぜひご一読ください!

大林リエさんってどんな人?


決められた「当たり前」で「普通」の人生を歩んで来ました。

義務教育が終われば、高校へ、そして大学へと進学すること、
私の家庭では 物心ついた頃から決まっていました。

「夢」を持ったことは特になく
なんとなく直感で決めた大学では
初等教育学を専攻。

小学校、幼稚園の教員免許は取得するものの
「学校の先生」を目指さず
人間がどう形成されていくかに興味を持ち
ゼミで選択したのは、教育哲学でした。

20歳の時に就職活動をする中で、
ようやく自分の人生について考えるようになりました。

それでも、何がしたいか は見えず…

ウェディング業界に興味を持ち、そのまま就職。
京都市北山の教会でウェディングプランナーとして勤めました。

自立した格好いい女性に憧れ、その理想に近づくために、それはもう必死に働きました。

ウェディングプランナーはやりがいがありましたが、自分を追い込むほど働くことになり、発する言葉が自分らしくなくなっていきました。
頑張りすぎて自分を見失うことも。

次第に、何のために生きているのか、と自問自答するようになります。

結局 そのときは答えは出ないまま、ウェディングプランナーを3年半で辞めることにし、結婚、専業主婦の道を選びます。

新婚旅行でハワイへ。

そこで、ロミロミ(ハワイの伝統療法)と出会い、
それがなんと 人生の転機になります。

すべてを認めてくれる、包み込んでくれるような
オイルトリートメント
ロミロミに
私はつい力が抜けて、涙が流れました。

どう生きたらいいか迷うほどに
私は頑張っていたんだ…

そう素直に認められた瞬間でした。

これからは
頑張りすぎてしまう女性を支えたい!

そう決意し、
子どもを産み育てながら、ロミロミを勉強、
夢を追うことになります。

育児と仕事のバランスに悩みながらも
子どもに対して過干渉にならないためにも、自分のためにも仕事をすると決め、
時間をコントロールできる開業を決意します。

開業、と聞くとハードルが高いように感じる方も多いと思いますが、
自分がどう生きたいか考えた時に、
人が集まってくる場所や人になりたいと思ったので
随分と気軽な気持ちで起業しました。

ですので、最初は一ヶ月に4名ほどしか施術していませんでした。

始めた当初は「がんばる女性を癒したい」と思っていましたが、
たくさんの女性のからだ と こころに触れる中で、そこに違和感を覚えるようになります。

真の「癒し」とは?

人間は複雑。
意外と自分で自分のことがわからないもの。
鈍感になることで 自分を守っている方も多くいらっしゃいます。

体が凝っているのは、どういう思考をするからなのか、どういう癖があって自分を追い込んでしまっているのか、
もっと深く知りたいと思うようになります。

人間はどんなに傷ついても生きていかないといけません。

だから、生きていく強さ、
前に進む強さが必要だったんです。

生きる強さ=心のゆとり、優しさ

強さがあるからこそ、自分も
大切な人も守ることができます。

ただ単に「癒す」のではなく、
生きていく強さを持つことが
「究極の癒し」
だと気がつきます。

女性は綺麗になると、強くなる。

強くなるためには、まずうつくしくなることだった。

行き着いた答えは、とてもシンプルでした。

今はスキンケアブランドsunaoの
プランナーとして
女性の生き方を提案するイベントを企画運営しながら

ハワイアンロミロミをベースとした
からだ のメンテナンスや
フェイシャルエステを行い

さらに、今後スタートする
エステティシャンの育成に力を注いでいます。

女性がうつくしいと家庭は明るく、
明るく生きる人が増えれば社会が変わり、
次第に世界が平和になるのではないか、
そう思っています。

求める人から、与える人へ。

かつて求めた「やりがいのある仕事」は
「生きがい」にまで進化して
今、日々女性と向き合っています。

ママの1日のスケジュール


7:00 起床&朝ごはん(常備菜を作っておいて時短)
8:00 保育園へ出発
9:00 サロン準備
9:30 サロンオープン
18:00 仕事終わり
19:00 お迎え(小学校・保育園)
19:30 夕食(お迎えから夕食までは30分以内で出来るように前もって準備)
20:00 お風呂→子供の宿題を見る時間
(お風呂が終わったらスグ洗濯)
22:00 子供たち就寝

子どもたちが寝てから起きて家事をすることもありますし、そのまま寝てしまうこともあります。

寝てしまっても明日の自分が何とかしてくれる♪と、完璧主義にならず受け止めています。

生活の工夫


・タイムスケジュール管理(この週にしたいこと、この月にしたいことの段取り)
・自分の限界を認める
・テレビを見ない
・なんとなく過ごす時間が皆無

生き方とは、お金と時間の使い方、選び方だと思います。
それは誰かの基準ではなく、自分の基準。
内観すれば自ずと答えが出る、と思っています。

子育ての持論


・子どもは自分の所有物ではないことを前提に
・根拠がなくても、大丈夫!と声に出す
・自分が悪いと思ったら素直に謝る
・抱きしめる
・美味しいごはんを作る

自分の背中を見ることで人生を考えてもらえるよう、いつも全力です。

子どもの人生は子どものもの。
親の責任や義務の範囲を超えないように気をつけ、ひとりの人間として尊重することを心がけています。

そう考えれば、母親が子どもにできることは抱きしめることと、美味しいごはんを作ること、そのくらいかもしれません。

家族とは?





・基本となるところ、ベース
・子どもたちがいてくれてこそ、私は私でいられる
・なぜ生きているのか、なぜ働くのかを見失わない

子どもたちが私に愛を教えてくれたと思っています。
それには底がなく天がない…

うまく表現できませんが、私は母親ではありますが、いつも子どもたちから教えてもらう方です。

仕事とは?


・使命
・天命
・仕事=表現
・自分の全てを懸けてやっている

私が生きている理由、そう言っても過言ではないかもしれません。
エステやおからだのメンテナンス、イベントの企画運営など、さまざまな手段を持っていますが、根幹にあるものは実にシンプル。

目の前の人の幸せを心から願うこと。

その想いが、波紋のように広がっていくことを願っています。

新人ワーママたちへメッセージ

生きるを楽しむこと、
意外かもしれませんが、いちばん大切です。
100点のママを目指すことではなく、
まずは、今を楽しむことです。

今がしんどければ、未来を考えます。
きっと明日はもっと楽しい、
もっと幸せ!

そういう未来を考えます。

ママが笑顔なら、子どもも笑顔です。

電車に乗っていて、自分が妊娠中でしんどかったり、子連れで大変だったら
「代わってもらってもいいですか?」と自ら発すればいい、
世の中を嘆くよりも、素直にお願いすればいいだけのことなんです。
そして、代わってくださったら、
ありがとうございます、助かります、と素直に感謝することを忘れずに。

頂いたものはお返しする。
また どこかで どなたかに 優しさを返せばいい
と思います。

きっと、すべてはシンプル。

リアルボイスを終えて


『赦し赦される』

彼女がおっしゃった、『赦す(ゆるす)』という言葉に感銘を受けました。

「私は赦されていると思えば、怒ることなんてないです。」とリエさん。

確かに、どんなことがあっても赦せばイラっとすることなんてないですよね、と私。

そしてインタビューを終えてすぐにリエさんのロミロミ施術を受けさせてもらうことに。

リエさん:座っていらっしゃった時から、不安定だなと思っていました。

Akatsuki:はい、すごく腰が悪いです。今もすごく痛い。

リエさん:そうだと思います。

そして着替えて施術。
触るとすぐに
リエさん:筋肉量が少ないですね。運動されていましたか?

Akatsuki:え?なんでわかるんですか?全く運動していませんし、今もしません。

リエさん:しんどかったですよね、きっと。本当はすごい力を持ってらっしゃるのに、この体では動きたくても動けない。

Akatsuki:そう!そうなんです!朝も起き上がれないし、腰が痛すぎて立てないこともあります。

リエさん:この体でよくここまで頑張られています。

Akatsuki:・・・涙 体がしんどいことを今まで誰も理解してくれなくて、夫にも『なんで起き上がれないんだ?』と怒られることも。自分でもわからなかったんです。

リエさん:よく頑張られています。体がよくなったらもっと活躍できます。

な、なんなんだこれは?!今までのアロマトリートメントでもない、整体のようなマッサージ。
華奢な体つきでいらっしゃるのに、その力強さはまるで柔道家のよう。
初めて受けるハワイアンロミロミは私を骨抜きにした。

その上、私の心をも癒してくれるリエさん。

リエさんに励まされるだけでリラックス、私はスーッと眠りにつきました。

リエさんがおっしゃった『赦す』と言う言葉。

私、全然赦せてなかったな。人に対してももっともっと『赦す』ことで、自分も楽になるな。
と、これを私の教訓にさせてもらおうと誓いました。

何回原稿を見ても、ウルっと涙が流れます。
私、頑張りすぎていたな。常に緊張状態だった私の心にリエさんがそっと手を差し伸べてくれました。

リエさんがプランナーをされているsunaoという基礎化粧品。

洗顔はkurowash。クレンジングと洗顔はこれ一本だから、忙しいワーママにもってこい。

洗顔後のケアはrebirthジェル一つで済みます。

助かるー!助かりすぎます。

いつまでも美しくいたい女性のためのロミロミ、sunao化粧品。

リエさんから与えていただけるパワーはもはやアロマトリートメントや整体の枠を超えています。

こんな風にプロ意識高いお母さんがもっともっと活躍されるのを応援しています。

京都市西大路駅近くにあるレイアロハさん、ぜひお試しくださいね。
素敵なワーママ、大林リエさんとお会いできるだけでも、行く価値ありです。




<店舗情報>
レイアロハ
京都 JR西大路駅近く
(プライベートサロンですのでご予約時に場所をお伝えします。)
Open 10:00 Close 17:00
日祝休み(土曜はお問合せください)
完全予約制
女性専用サロン



ご予約はこちらから→→→TEL 075-323-9655


e-mailはこちら→→→lomilomi.leialoha@gmail.com

ハワイアンロミロミやリンパドレナージュなどの
オイルトリートメントに
足つぼや整体などを加えた独自の技術で
美と健康へと導きます

リエさんのブログはこちらからどうぞ→→→
ハワイアンロミロミサロン レイアロハ

まだまだワーキングマザーのリアルな声をお届けするリアルボイス、続けていきます。

リエさんからご紹介いただきました、次回はカメラマンでもり、料亭の女将でもある橘川美香子(きつかわみかこ)さん。

乞うご期待!

前回の美智子さんのリアルボイスはこちらからどうぞ!!

The following two tabs change content below.
AKATSUKI
7歳♂4歳♂1歳♀の3人の子供を持つワーママ。workingmoms.me編集長。 システムエンジニアとして就職するもマタハラを受けて退職。 以来派遣社員として働くが、妊娠するたびに退職。 母として、女性として社会で働く難しさを痛感。自分は社会に必要のない人間なのでは?と葛藤し、2017年7月1日に同じ思いを持つワーママとworkingmom.meを立ち上げる。 ワーママプロジェクトとしてライター養成や独立支援プログラムを発足。新たなプロジェクト立ち上げに日々奮闘中。

関連記事

  1. 【ワーママリアルボイスvol.4】京都高野で子連れ可美容サロン運営ママ…

  2. 【ワーママリアルボイスvol.6】テレビ出演や本の出版もしているWeb…

  3. 【ワーママリアルボイスvol.7】フルーツで笑顔に!家族でくだもん屋さ…

  4. 【ワーママリアルボイスvol.1】京都北山で双子を育てるネイリストママ…

  5. 【ワーママリアルボイスvol.3】京都松ヶ崎で子連れ可アロマサロン運営…

  6. 【ワーママリアルボイスvol.9】超多忙看護師の男の子2人育児…

  7. 【ワーママリアルボイスvol.8】シングルマザーネイリストのスケジュー…

  8. 【ワーママリアルボイス】第10回!不動産会社勤務ママの2人育児…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。